メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外拳銃強奪 男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑

競技団体役員の在任期間、10年を上限に スポーツ庁方針

文化庁が入る中央合同庁舎第7号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 スポーツ庁が新たに策定する競技団体の運営指針「ガバナンスコード」で、役員の在任期間について10年を上限と明記する方針を固めた。20日に開かれる鈴木大地長官の諮問機関「スポーツ審議会」の部会で提案される見込み。多選による特定役員への権限集中が、スポーツ界の不祥事の背景にあるとして、組織の新陳代謝を促す。

 在任期間は英国が9年、オーストラリアは10年を上限としており、基準を設定する際の参考とした。競技団…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文495文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです