メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参謀なき「プリンス」 ガバナンス不全響く 竹田JOC会長退任

理事会後、記者の質問に唇をかみしめる竹田恒和JOC会長=東京都渋谷区で2019年3月19日午後5時19分、梅村直承撮影

 五輪を招致したトップが、本番を翌年に控えて表舞台を去った。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)は19日、任期満了となる6月での会長退任を表明。2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑を拭えず、長期政権によるガバナンス(組織の統治)不全を露呈した。

 「東京大会を控え、世間を騒がしていることを心苦しく思っている。申し訳ない」。東京都内で開かれたJOC理事会で、竹田氏は約20人の理事らを前に硬い表情で切り出した。「20年へのリーダーシップをとるのが当然ではないか」などと退任に異議を唱える声は少数にとどまり、流れは変わらなかった。

 竹田氏は明治天皇のひ孫にあたり、「プリンス・タケダ」と呼ばれた父の故恒徳氏の時代に皇籍を離脱するま…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです