特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

日本代表として戦う重さ 長嶋ジャパンのアジア選手権回想

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2003年11月のアジア選手権で韓国を降し、3連勝でアテネ五輪出場を決めた日本代表の選手たち=札幌ドームで、尾籠章裕撮影
2003年11月のアジア選手権で韓国を降し、3連勝でアテネ五輪出場を決めた日本代表の選手たち=札幌ドームで、尾籠章裕撮影

 日本代表選手がプレッシャーや責任を背負って戦う姿は、取材で数え切れないほど見てきた。中でも、それがこんなにも重いものなのか、と痛切に知った場面が2003年にある。その時のことを、東京五輪開幕まであと500日となった3月12日に、久しぶりに思い出した。

 この日、毎日新聞社では記念のトークイベントを開催した。テーマは、五輪の試合が福島でも開催される野球とソフトボール。04年アテネ五輪で野球日本代表の監督代行を務めた福島県出身の中畑清さん、同五輪などでソフトボール女子日本代表を率いた宇津木妙子さん、野球BCリーグ福島ホープス監督の岩村明憲さんが、さまざまな話題について語り合った。

 最初からテンションが高く「絶好調」だった中畑さんだが、日本代表の話題になると、声のトーンが変わった。そして、アテネ五輪予選を兼ねて03年11月に札幌ドームで開催されたアジア選手権のエピソードを明かした。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1239文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集