メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

ブロックチェーンを活用した「アート作品の新時代の評価・流通インフラ」を提供するスタートバーン社に出資(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について



2019年3月19日

株式会社 電 通

電通、ブロックチェーンを活用した「アート作品の新時代の評価・流通インフラ」を
提供するスタートバーン社に出資
― 両社の知見・ノウハウをさまざまな著作権コンテンツの流通管理に応用 ―

   株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)は 、ブロックチェーンを活用し「アート作品の新時代の流通・評価インフラ」の構築に取り組む東京大学発ベンチャー、スタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井 泰平)に出資いたしました。

   これまでアート作品の流通においては、作品情報や来歴の管理、流通時のアーティストへの還元が課題とされてきました。そうした中、スタートバーン社はブロックチェーン上でスムーズに契約の検証・交渉・実行をプログラム化する「スマートコントラクト」により、これらの課題に対応した、アート作品の流通・評価インフラを構築しています。

   今後、当社内組織の「電通イノベーションイニシアティブ」※は、スタートバーン社とさまざまな企業を結び付け、ブロックチェーンを活用したスマートコントラクトプラットフォームの事業開発等を推進し、アート流通インフラ構築事業で培った知見・ノウハウを、さまざまな著作権コンテンツの流通管理に応用していく予定です。

<スタートバーン社の概要>
社   名 : スタートバーン株式会社
https://startbahn.jp/
所 在 地 : 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナーラボ255
設   立 : 2014年3月26日
代  表  者 : 施井 泰平(代表取締役)
事 業 内 容: パブリックチェーン上へのアートブロックチェーンネットワーク構想・構築のほか、オンラインサービスstartbahn.org、法人・団体とのブロックチェーン共同事業などを展開


※電通グループの事業成長のために、社会やテクノロジーの変革に即応しながら新たな事業基盤を創造する専門組織(2018年7月発足)です。世界のイノベーション動向を把握しながら、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「電通ベンチャーズ」と連携した投資や、グループ各社とイノベーティブな企業を結び付け、協働して事業開発するプロジェクトを数多く手掛けています。

以 上



【リリースに関する問い合わせ先】
株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部
          長澤、渓  TEL:03-6216-8041

【投資に関する問い合わせ先】
株式会社電通 電通イノベーションイニシアティブ 戦略投資部
          古田、渡辺 TEL:03-6216-8447 


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです