メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

「モーフィアス」2019年度版ビルディング・オブ・ザ・イヤー・アワードでホスピタリティー建築部門を受賞(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

モーフィアス

2019年3月19日

メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社

メルコリゾーツの統合型リゾート「シティ・オブ・ドリームス マカオ」の
ラグジュアリーホテルの最新プロジェクト「モーフィアス」
2019年度版ビルディング・オブ・ザ・イヤー・アワードでホスピタリティー建築部門を受賞

[2019年3月15日マカオ発]
 メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(以下、メルコリゾーツ)が運営する統合型リゾート(IR)「シティ・オブ・ドリームス マカオ」の「モーフィアス」は、「2019 Building of the Year Awards(2019年度版 ビルディング・オブ・ザ・イヤー・アワード)」において、ホスピタリティー建築部門を受賞しました。
 モーフィアスは、世界初の自由造形による外骨格構造の高層建築であり、総工費約11億米ドル(約1,200億円)のプロジェクトとして、デイムの称号を持つ故ザハ・ハディドによって設計されたラグジュアリーホテルです。ギリシャ神話の夢の神から命名したモーフィアスは、シティ・オブ・ドリームス マカオの第3期拡張開発に伴う最新プロジェクトで、プレミアムな旅行、レジャー、エンターテインメントにおけるメルコリゾーツのパイオニア的地位や、イノベーターとしての姿勢を実証する象徴的な存在です。今回の功績は、開業からわずか2ヵ月でTIME誌による「World’s Greatest Places 2018(世界で最も素晴らしい場所2018年度版)」の1つに選出された昨年に続く快挙となります。

 「2019 Building of the Year Awards」は、世界で最も閲覧される建築専門ウェブサイトArchDailyの読者投票によるもので、モーフィアスは4,000を超える世界の建築プロジェクトの中から15部門のうちの1つとして選ばれました。第10回記念の今年は、世界の専門家で構成される当ウェブサイトの読者から80,000票を超える投票を集め、建築物の持つ美しさ、インテリジェンス、クリエーティビティ、社会への貢献といった秀逸さが評価されています。

 メルコリゾーツ&エンターテインメントの会長兼最高経営責任者(CEO)であるローレンス・ホーは、「プロジェクトのスタート時点から、メルコリゾーツとザハ・ハディド・アーキテクツ(ZHA)には、既存の枠を取り払うという共通のビジョンと決意がありました。モーフィアスは、世界のラグジュアリーホスピタリティー業界をさらに向上させ、ゲーミングを超える最高の体験によって、洗練された旅行者の皆さまにイマジネーションの旅をお届けするホテルです。当社は、このような世界的な受賞を大変光栄に思っており、この賞の主催者ならびに投票して下さった皆さまに感謝の意を表します。また言うまでもなく、この功績を実現して下さったZHAにも感謝いたします。メルコリゾーツは、マカオ内外においてアイコニックな世界初を生み出し続けることを目指していく所存です」と述べています。

 また、ZHAのアソシエイトディレクターであるヴィヴィアナ・マセッテラは、「マカオの建物は、これまで世界中の建築様式を参考に建設されてきましたが、モーフィアスは、街を表現する新しい建築として、独特の環境や現場の状況に合わせ進化させました。建物全体のパラメトリック・モデルは、このホテルの美しさ、構造、ファブリケーションの要件をすべて統合させたものですが、今後我々の構築環境をどう計画し、築くのかを根底から変えていくものになるでしょう」と述べています。

 かつてないほど細部にまでこだわり抜き、お客様のプレミアムな体験を念頭に置いて設計されたモーフィアスには、メルコリゾーツがマカオに生み出した驚くべき世界初が他にもあります。モーフィアスによる建築および技術上の躍進には、その常識にとらわれない建築構造や、一連の「穴」によって実現した複雑さと曲線があります。このビルの2つのタワーは、土台となる1階とルーフトップで繋がっており、さらに2つのスカイブリッジが生み出すビル外観の真ん中を通る穴をビルの中から体感することができます。

 モーフィアスのあるシティ・オブ・ドリームス マカオは、統合型エンターテインメントリゾートであり、マカオにおける最高級のレジャーおよびエンターテインメント施設の地位を確立しています。モーフィアスには客室、スイートルーム、ヴィラを合わせて770室以上あり、エグゼクティブラウンジ、地上130メートルにあるスカイプール、最先端の世界的なブランドを集めたショッピングエリア、専属スパバトラー(執事)をコンセプトにしたスパに加え、最上階にはVIPゲーミングルームやVIP向けヴィラを完備しています。モーフィアスでは、お客様に5つ星ホテルの水準を上回るワールドクラスな体験を提供します。ダイニングについては、オープンから半年足らずでミシュランの2つ星を獲得した「Alain Ducasse at Morpheus(アラン・デュカス アット モーフィアス)」、フレンチのレジェンド的シェフである同氏が自身の旅にインスパイアされたレストラン「Voyages(ボヤージュ)」があります。また「Yi(イー)」ではおまかせスタイルでサーブされる各地の中国料理をご堪能頂き、モダンパティスリーの王と呼ばれるピエール・エルメによる洗練されたラウンジでは、これまでアジアでは味わうことのできなかった絶品スイーツをお楽しみ頂けます。また当ホテルは、KAWS、ジャン=ミシェル・オトニエル、ティーロ・ハインツマンといった世界的アーティストによるオリジナルのコンテンポラリーアートをフィーチャーした活気あるギャラリーも備えています。

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドについて
アジアにおいてゲーミング事業およびエンターテインメントリゾート施設の開発、所有、運営を行う当社は、米国預託証券であるナスダック市場(NASDAQ: MLCO)に上場しています。当社は現在、マカオのタイパ島にあるホテルリゾーツであるアルティラ・マカオ(www.altiramacau.com)、マカオのコタイ地区にある統合型アーバンゲーミングリゾートであるシティ・オブ・ドリームス マカオを運営しています。マカオでは最大級の電子ゲーム機施設であるモカクラブ(www.mochaclubs.com)の事業展開も行っています。また、統合型エンターテインメントリゾートであるスタジオ・シティ(www.studiocity-macau.com)の過半数の株式を所有し、同施設の運営にも携わっています。マカオのコタイ地区にあるスタジオ・シティは、映画をテーマにしたリゾートとしてショッピングエリアとゲーミング施設を備えています。フィリピンでは現在、当社の子会社がシティ・オブ・ドリームス マニラ(www.cityofdreams.com.ph)を運営・管理しています。同施設はゲーミング、ホテル、エンターテインメント施設が統合されたリゾート施設であり、マニラの観光経済特区エンターテインメント・シティにあります。メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドの詳しい情報については、こちら(www.melco-group.com)をご覧ください。
メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは、単独大株主であるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドが全面的にサポートしています。メルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドは、香港証券取引所のメインボードに上場されており、ローレンス・ホーが同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めています。



情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです