メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クックパッドニュース

卵1個を割り入れて焼くだけ! 四角い「目玉焼き卵」がお弁当のすき間にぴったり

情報提供:クックパッド 利用規約

SNS映えする可愛い卵焼きが登場!

お弁当に欠かせない卵焼き。みんな大好きなおかずのひとつです。
今回は、まるで目玉焼きのようにトロリとした食感を味わえる卵焼きの作り方をご紹介♪ 目玉焼きはお弁当に入れにくいけれど、これは巻いて卵焼き風にしてあるので、お弁当のすき間にも入れやすいです。黄色と白のカラーリングは彩りがよくて、お弁当もキレイに見えます。

[目玉焼き? お弁当たまご一個分]

[目玉焼き? お弁当たまご 一個分] by カリンダ☆
お弁当にオススメの、目玉焼き風たまごです。 バターの香りが、フワッと洋風です。

クルッと丸めるだけ!

作り方を簡単に説明すると…
卵焼き器にバターを入れて中火にしたら、卵をIN。

7150444ea1f2079aa076719c6bf3015e

黄身を少しだけつぶしたら、塩・こしょうをします。

898b3da737a0794c0c4e2d971c79742f

ヘラで手前に寄せたら、白身を少しかぶせるようにして1分焼きます。

E40d17e7041ce05307bd869c14f9dc28

上下を返して中弱火で焼いたら、でき上がり!

D4d0a37ff951cf6c0b423b280020f8d0


トロトロした食感がたまりません。こんなに美味しい卵焼きが卵1個でできるなんて嬉しい。お弁当用の食材が乏しいときにも大助かりですね。とても簡単にできるので、忙しい朝にもぴったり。これは試す価値アリです。 (TEXT:森智子)

関連記事


情報提供:クックパッド 利用規約

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです