メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

コンディションは折り紙付きだが価格も高め! メーカー認定中古車は買いか?

情報提供:カートップ

コンディションは折り紙付きだが価格も高め! メーカー認定中古車は買いか?

修理の技術も高まり本当の極上車を見分けるのは難しくなっている

 中古車はその販売をするときには“古物商”の許可申請を行わなければならない。これが意味するものは、たとえ同年式同車種、そして同グレードであっても前オーナーの使い方などにより、走行距離はもちろん、内外装の状態なども異なってくるので、それぞれ別々の値付けが行なわれて販売されている。そのため中古車購入時には新車のようにカタログを見たり、試乗車を試乗して、気に入ったら注文すれば済まず、展示場にある購入希望車の内外装はもちろん、エンジンコンディション、さらには修復歴の有無なども確認する必要がある。

認定中古車

 中古車に乗り慣れているひとは別として、新車と比べて自己責任で判断しなければならない部分が多いのが現状といえるだろう。ある業界事情通は「査定の専門家が仕入れ時に厳密なチェックを行ないますが、それでも修復歴などを見逃してしまうことはいまでもあるようです。修理技術の向上とそれを見抜く術はまさに“イタチごっこ”となっているのです」とのこと。

 さらに事情通は、「本当に程度の良い車両や、人気が高く問い合わせの多い車両を仕入れると、展示場に並ぶことなく即売となることもあるので、業者に希望車種をリクエストしておくのもいいかもしれません」と話してくれた。本当に極上の車両というものは、人知れず売買されることが多いとも語ってくれた。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです