メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

別れは明るく、平成スポット グリコ歴代おまけ展、平成駅でインスタ投稿

 5月1日の改元を前に、平成にちなんだスポットが人気だ。時代を振り返る企画展が開かれ「平成」と名の付く場所に人が集まる。旅行会社は4月末からの10連休で特別なツアーを組んだ。天皇の闘病で自粛ムードが強かった昭和の末と様変わりし、楽しみながら改元を迎えようとしている。

 木のぬくもりを感じる乗り物に、手のひらサイズの絵本--。江崎グリコ運営の江崎記念館(大阪市)は、菓子グリコの平成時代のおまけを集めた特別展を4月末まで催している。

 平成直前の1988年に100円の商品が登場し、おまけは一回り大きくなった。知育の要素を取り入れ、親…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです