メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ポスト平成、新天皇の思い 学友が語る 「日本の津々浦々訪ねたい」

皇太子さまとの思い出を語る小山泰生さん=パレスサイドビル屋上で、竹内紀臣撮影

 いよいよ平成の時代が終わろうとしている。新しく天皇になられる皇太子さまと私は同い年の59歳。還暦を控え、あれこれ悩ましいが、これから「重責」を担う皇太子さまは愚痴をこぼすわけにもいかないだろう。その思いはいかばかりか。「新天皇と日本人」(海竜社)を出した学友の小山泰生(こやまたいせい)さんに聞いた。【鈴木琢磨】

 毎日新聞東京本社(千代田区)は皇居のすぐそばにある。ビル名もずばり「パレスサイドビル」という。小山…

この記事は有料記事です。

残り2679文字(全文2886文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです