特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第91回選抜高校野球

雨の影響で室内練習 札幌第一、打撃フォーム確認 札幌大谷、体温め初戦へ調整 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
打撃練習をする札幌第一の選手たち=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影 拡大
打撃練習をする札幌第一の選手たち=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

 23日開幕の第91回選抜高校野球大会に出場する札幌第一と札幌大谷が19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で練習に臨んだ。未明からの雨の影響でグラウンドではなく室内練習場での調整となったが、選手はきびきびとした動きで汗を流した。

 札幌第一は練習時間のほとんどを打撃に充て、快音が響く度に「ナイスバッティング」などと声を掛け合い、互いのフォームを確認した。菊池雄人監督は「初戦の相手(山梨学院)は関東の強豪校。食らいついていく」と話し、大平裕人主将(2年)は「つないで1点勝ち越す野球をしたい」と気を引き締めた。

室内練習場で調整する札幌大谷の選手たち=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影 拡大
室内練習場で調整する札幌大谷の選手たち=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影

 札幌大谷は投球練習や軽いランニングなどバットを使わず体を温めることに専念。米子東(鳥取)との初戦に向け、船尾隆広監督は「調整は他にも十分しているので問題ない。まずは初戦突破」と意気込んだ。飯田柊哉主将(2年)は「自分たちは技術よりも、明るさとチームワークが売り。皆で力を合わせて試合に臨みたい」と語った。【大笹久光、加藤佑輔】

次に読みたい

あわせて読みたい