メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

住宅地19年連続下落 市部と町村部で二極化 /青森

 国土交通省が19日に公表した2019年の公示地価(1月1日現在)で、県内の平均変動率は、住宅地がマイナス0・5%で19年連続の下落、商業地はマイナス0・5%で27年連続の下落となった。ただ、下落率は縮小傾向にあり、横ばいや上昇地点が増えている。不動産鑑定士の鈴木泰雄氏は「住宅地、商業地ともに市部には底値感が出てきているが、人口減少や高齢化が急速に進む町村部は厳しく、二極化が進んでいる」としている。

 住宅地では、継続調査地点(178地点)のうち上昇が青森、弘前、八戸各市の計8地点と前年と変わらない…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです