メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災で救助活動に活躍 海保ヘリ3機引退 きょうラストフライト /宮城

 東日本大震災での救助活動などで活躍した第2管区海上保安本部仙台航空基地(岩沼市)のヘリコプター「ベル式206B型=愛称・おおるり」3機が老朽化のため、22日に引退する。20日には1機がラストフライトとして、震災で救助活動に当たった旧仙台市立荒浜小(同市若林区)上空の旋回などを予定している。

 おおるりは全長約12メートル、高さ約3・6メートルの5人乗り。3機のうち1機は1991年、2機は96年に就役し、基地に隣接する海上保安学校宮城…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 不祥事相次ぎ首相「国民、納税者に大変申し訳ない」 参院代表質問で

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです