メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災で救助活動に活躍 海保ヘリ3機引退 きょうラストフライト /宮城

 東日本大震災での救助活動などで活躍した第2管区海上保安本部仙台航空基地(岩沼市)のヘリコプター「ベル式206B型=愛称・おおるり」3機が老朽化のため、22日に引退する。20日には1機がラストフライトとして、震災で救助活動に当たった旧仙台市立荒浜小(同市若林区)上空の旋回などを予定している。

 おおるりは全長約12メートル、高さ約3・6メートルの5人乗り。3機のうち1機は1991年、2機は96年に就役し、基地に隣接する海上保安学校宮城…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです