メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

6年連続上昇 変動率縮小、被災者移転落ち着き /福島

 国土交通省が19日公表した2019年の公示地価(1月1日現在)によると、県内の住宅地や商業地など全用途の平均変動率は1・0%で6年連続の上昇となった。ただ、上昇率は3年連続で縮小し、全国で昨年6位だった順位も12位に後退した。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故による被災者の移転需要などが落ち着き、人口減少が進んでいる影響が現れ始めているという。【柿沼秀行】

 公示地価は、国交省が年1回公表しており、土地取引の指標になる。県内では、42市町村の計440地点(…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1127文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです