メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

商業地の首位交代 トップは「つくば三井ビル」 /茨城

 県は19日、2019年の公示地価(1月1日時点)を公表した。住宅地と商業地は27年連続で下落したが、工業地は一昨年2月に開通した首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の効果で2年連続上昇した。商業地で最も高かったのはつくば三井ビル(つくば市竹園1)で、24年連続首位だった水戸駅北口MYMビル(水戸市宮町1)は2位となった。【加藤栄】

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです