メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

全用途平均1.1%上昇 6年連続プラス 上げ幅拡大、全国11位 /千葉

 国土交通省が19日発表した公示地価は県内の全用途(住宅地、商業地、工業地など)平均で1・1%上昇した。前年比プラスは6年連続。上げ幅は昨年より拡大し、47都道府県中11位だった。企業の経済活動が活発で投資マインドが高まっており、商業地の上げ幅は市川、船橋、浦安3市で20%ほどの大幅な上昇を見せた地点もある。浦安市は平均13・5%の上昇率で、東京ディズニーリゾート(TDR)を抱え、ホテル需要が高まっている。【町野幸】

 県用地課によると、県内1259の調査地点のうち、上昇したのは638地点(全体の50・7%)、下落は…

この記事は有料記事です。

残り2240文字(全文2500文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです