メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

おにいちゃんとぼく /富山

「おにいちゃんとぼく」ローレンス・シメル・文、フアン・カミーロ・マヨルガ絵、宇野和美・訳、光村教育図書、1296円

目が見えなくても プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 おにいちゃんとぼくは、とても仲のよい兄弟。家の中では楽器を弾いたり、お話したり。散歩の時は、おにいちゃんの犬、ロコも一緒。公園に行くにはきっかり10段の階段を上る。地下鉄の改札口までなら、56段。おにいちゃんが教えてくれた。

 ぼくの家の中はいつもすっきりと片付いていて、何か使ったらすぐに元の場所に戻す。だって、おにいちゃんは、どこに何があるか、すべて記憶して生活しているから。そこいらにおもちゃを散らかしっぱなしにしておいたら、おにいちゃんが、つまずいてしまうかもしれない。だから、ぼくが好きなようにおもちゃを広げられるのは、ぼくのベッドの上だけ。

 おにいちゃんはすごい。とても耳がよくて、一度聞いたことは全部覚えている。お母さんが置き忘れた鍵の場…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです