メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

中・東区で上昇率拡大 知多、東三河下落続く /愛知

 19日に発表された公示地価(2019年1月1日時点)で、県内住宅地は昨年比1・2%上昇で7年連続、商業地は同4・6%上昇で6年連続の上昇となった。名古屋市や西三河地域では住宅地、商業地ともに上昇幅が拡大する一方、知多、東三河地域では下落傾向が続いており、二極化が進んでいる。

 上昇率の上位は住宅地、商業地いずれも名古屋市中区と東区で、上昇率はいずれも全国10位内に入った。

 市町村別上昇率は住宅地で、長久手市が最も高い3・7%。以下、豊田市3・3%▽刈谷市3・1%▽大府市…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです