メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

27年連続の下落 下げ幅は縮小 /三重

 国土交通省が19日に公表した公示地価(1月1日現在)によると、県内の平均変動率は住宅地、商業地ともに27年連続の下落となった。下落率は住宅地が前年比1・0%、商業地は同0・8%で、下落幅はいずれも前年より縮まった。

 住宅地と商業地の継続調査地点計398地点のうち、上昇したのは住宅地が56地点(前年36地点)、商業地が29地点(同22地点)で、ともに前年より増えた。横ばいも住宅地が43地点(同30地点)、商業地が18地点(同13地点)と増えた。上昇、横ばい地点は、伊勢神宮に近い商業地2地点が上昇した以外は、いずれも津市以北だった。

 調査を担当した不動産鑑定士は「景況感の好転で緩やかな回復傾向が続いている。新名神高速道路や東海環状…

この記事は有料記事です。

残り2315文字(全文2633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです