メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

県7施設で再調査へ 強制不妊手術書類の有無 /滋賀

 三日月大造知事は19日の記者会見で、県立の福祉施設と医療機関計7施設について、旧優生保護法下での強制的な不妊手術(優生手術)に関する書類が残っていないか、再調査する方針を明らかにした。昨年7月の厚生労働省の全国調査で記録はないとした知的障害児入所施設「県立近江学園」(湖南市)で、入所者の手術申請書類が見つかったことを受け、再調査を決めた。

 対象は、福祉施設が淡海学園▽婦人相談所▽信楽学園▽むれやま荘、医療機関が総合病院▽小児保健医療センター▽精神医療センター。閉鎖された、しゃくなげ園と小児整形外科センター、心身障害児総合療育センターの文書を引き継ぐ県庁なども調べる。1988年以前生まれの人で優生手術が廃止された96年以前のカルテや個人記録に、手術に関する記載がないかチェックすることも求める。

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです