メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

商業地上昇率、全国4位 インバウンド効果で /大阪

 国土交通省が19日に公表した2019年の府内の公示地価(1月1日時点)の対前年平均変動率は、商業地で6・5%と6年連続で上昇した。増加を続ける訪日外国人(インバウンド)向けの店舗やホテルなどの需要が好調。上昇率全国ベスト10に4地点が入り、上昇率は昨年に引き続き全国4位となった。住宅地は0・2%と2年連続でプラスを維持した。【藤顕一郎】

 商業地の市区町村別の上昇率上位は、大阪市浪速区16・7%▽同市北区、同市中央区、堺市北区15・1%…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文650文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです