メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

K原さんちの里山探検

/22 ギフチョウ ぜいたく、春の女神観察 /鳥取

ギフチョウ=桐原佳介さん撮影

 学生時代のこと。千葉に住んでいた私は憧れの蝶(ちょう)を見るため、わざわざ仲間と共に東北道を5時間走って山形まで赴いたこともありました。それが今、自転車で十数分のところに生息しています。氷河期の生き残りとされている絶滅危惧種、ギフチョウです。

 この蝶と同じ町に住んでいるというだけで、なんとぜいたくなことか、発見した時の喜びと驚きは今でも明確に覚えています。3月末から4月上旬、ソメイヨシノが開花するシーズンとギフチョウが飛び交う時期はほぼ同じ。わずか数週間の活動期に、新しい繁殖地を確認したり、生息地の環境の様子を見て回ったりと、慌ただしい観察が続きます。

 例えば、アゲハやモンシロチョウなどは、春から夏にかけて複数回産卵と羽化を繰り返しますが、ギフチョウ…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  4. ORICON NEWS 沢尻エリカ容疑者 CD出荷&音源配信停止 2006年に「タイヨウのうた」がヒット

  5. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです