メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

県内、住宅・商業地とも上昇 豪雨被災地は大幅下落 二極化鮮明に /広島

広島県内の商業地で13.9%と上昇率が最も高く、10年連続最高価格となった広島市中区八丁堀15-8のビル=東久保逸夫撮影

 国土交通省が19日に発表した2019年公示地価(639地点、1日1日現在)で、県内は商業地が4年連続、住宅地が3年連続で上昇した。景気の安定と低金利を背景に上昇幅は拡大し中国地方で唯一住宅地・商業地ともに前年を上回った。一方、昨年7月の西日本豪雨の影響で呉市や坂町の被災地では11~14%と大幅に下落し、二極化が鮮明となった。

 住宅地は平均変動率が前年の0・6%から0・9%に拡大。調査した27市区町のうち、広島市内の安佐北区…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1147文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです