メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

県内、24年連続の下落 住宅地は7地点で上昇 /高知

高知県内の商業地で4年連続の最高価格になった「高知市帯屋町1-9-7」周辺=郡悠介撮影

 国土交通省が19日に公表した2019年の公示地価で、県内地価(147地点)の全用途の平均は前年比0・6%減(前年0・9%減)となり、24年連続で下落した。住宅地は18年連続の下落、商業地は28年連続で下落だったが、いずれも幅は縮小傾向にある。

 県内の調査対象は高知市など11市9町。住宅地97▽宅地見込地1▽商業地46▽工業地3--の地点を調べた。

 住宅地は平均0・6%減で、下落幅は前年比0・2ポイント縮小した。前年より5地点多い7地点で上昇し、…

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1450文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです