メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

退位儀式後、剣璽を保管場所に返却 憲法整合性配慮

皇居での即位・退位の儀式の一連の流れ

 政府は19日、首相官邸で皇位継承に関する式典委員会(委員長・安倍晋三首相)の第4回会合を開催し、天皇陛下の退位と新天皇の即位の儀式の詳細を決めた。天皇陛下が最後のおことばを述べる4月30日の「退位礼正殿の儀」では、皇位継承の証しとされる「三種の神器」の一部の剣と璽(じ)(まが玉)が侍従により儀式を行う部屋に持ち込まれるが、儀式後は元の保管場所に戻す。新天皇に直接手渡すことを避け、憲法との整合性に配慮。国政に関する権能を持たない天皇が、自らの意思で皇位を新天皇に譲ったと受け止められないようにする。

 首相は式典委で「歴史的節目をつつがなく迎えることができるよう、準備に万全を期す」と述べた。「退位礼…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです