メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

統計不正問題

竹村彰通氏

 政府統計への信頼が揺らいでいる。賃金や労働時間の動向を調べる厚生労働省の「毎月勤労統計」で長年、不正調査が続いていたことが表面化し、他にも不適切な統計の扱いが確認された。ずさんな統計は国民の政治・政策不信につながりかねない。データを軽視する政治の問題点を考える。

データ生かし政策議論を 竹村彰通・滋賀大データサイエンス学部長

 日本では第二次世界大戦中、誰も正確な戦況を把握できないほど、データが粉飾、あるいは隠蔽され、都合の…

この記事は有料記事です。

残り4331文字(全文4544文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです