メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

麻薬使用作品は芸術ではない=元麻薬取締官・藤原伸彦・59

 (横浜市都筑区)

 ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕後、撮影済みのテレビ番組や映画などの自粛の是非が議論されています。「音楽や映画などの作品については違法薬物などの犯罪とは関係がない」との意見もありますが、麻薬に関しては「ダメ、ゼッタイ」と訴えたい。

 麻薬に共通する代表的な症状は幻覚です。たった…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです