メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「ゴーン事件」と新捜査手法 「司法取引」定着の分水嶺に=巽賢司(東京社会部)

108日間にわたる勾留の末、保釈されたゴーン前会長。起訴内容を全面的に否認している=東京都千代田区で12日、竹内紀臣撮影

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が東京地検特捜部に逮捕、起訴された事件では、昨年6月に導入された司法取引(政府略称・合意制度)が活用された。検察担当記者として事件を取材し、司法取引がなければ事件は表面化しなかった可能性があると感じる。前会長は全ての起訴内容を否認しており、司法取引の適用の評価をするのは時期尚早だ。それでも、国際的な関心を集めた「ゴーン事件」は「特捜捜査の新時代」を強く印象づけた。

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです