メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「ゴーン事件」と新捜査手法 「司法取引」定着の分水嶺に=巽賢司(東京社会部)

108日間にわたる勾留の末、保釈されたゴーン前会長。起訴内容を全面的に否認している=東京都千代田区で12日、竹内紀臣撮影

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が東京地検特捜部に逮捕、起訴された事件では、昨年6月に導入された司法取引(政府略称・合意制度)が活用された。検察担当記者として事件を取材し、司法取引がなければ事件は表面化しなかった可能性があると感じる。前会長は全ての起訴内容を否認しており、司法取引の適用の評価をするのは時期尚早だ。それでも、国際的な関心を集めた「ゴーン事件」は「特捜捜査の新時代」を強く印象づけた。

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2037文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです