連載

プーチンのロシア

プーチン氏の大統領就任を前に、ロシアを取り巻く課題や状況を分析する。

連載一覧

プーチンのロシア

ウクライナ危機5年/3 住民たちの「模範解答」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドネツク中心部の公園にはロシア語で「ロシア」と書かれて、ロシアの三色旗と同じ色に塗られたハート形の看板が立てられている=ウクライナ東部ドネツクで2019年3月4日、大前仁撮影
ドネツク中心部の公園にはロシア語で「ロシア」と書かれて、ロシアの三色旗と同じ色に塗られたハート形の看板が立てられている=ウクライナ東部ドネツクで2019年3月4日、大前仁撮影

 線路脇に雪が残されたウクライナ東部ドネツクの駅では列車が長らく放置されている。長引く戦闘のため、列車の発着が止まってから4年8カ月。駅舎に隣接する商業ビルも割れた窓ガラスを覆うベニヤが目立つ。

 親露派組織(ドネツク人民共和国)が実効支配するウクライナ東部ドネツクは、かつて炭鉱業などで栄えた都市だった。しかしウクライナ危機を受けて国内外への避難民が相次ぎ、100万を誇った人口は推定で7割程度に落ち込んだ。午後11時から午前5時まで外出禁止令が敷かれ、市中心部でも暗くなると人影はまばらになる。

 親露派が独立を宣言したことで欧米諸国が制裁を科し、日産自動車など西側資本が撤退して久しい。安いと評判の鶏肉店では路上まで列ができることも珍しくない。一方で小売店には、ベラルーシ産のウオッカや乳製品が並ぶ。ロシアと「ユーラシア経済同盟」を結ぶベラルーシやカザフスタンからの輸入品が増えているという。

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1278文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集