メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

地域金融の収益力調査 高リスク投融資増え 考査方針

 日銀は19日、金融機関に対する2019年度の考査(立ち入り調査)方針を発表し、地域金融機関の中長期的な収益力について重点的に調べる考えを示した。日銀の大規模な金融緩和を背景に本業が赤字の地銀などが増えている。考査対象の全行に対して不況時などを想定した経営体力の点検を行い、経営やガバナンス(企業統治)の改善を促す。

 超低金利の長期化や人口減少の影響で、国内貸し出しから得られる収益は低下傾向が続いている。特に収益に占める貸し出しの比重が高い地銀や信用金庫などは、高利回りを求めて不動産投資向けローンや外国債券投資など、リスクの高い投融資を増やしている。日銀は「潜在的な不良債権が積み上がっている」(幹部)と警戒感を強めている。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです