メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

対中国ビジネスの慎重化=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 米中対立の激化などで、中国経済の成長が減速しており、つれて日本を含む世界経済が揺さぶられている。

 米中対立の根本原因には中国経済脅威論があるが、それゆえ中国経済の拡大が制約され続ける、という見方と、それにもかかわらず拡大が維持され、中国は脅威であり続けるという見方が併存している。一方、金融市場では、米中の貿易交渉を巡る観測報道に一喜一憂している。

 現実の中国経済を見ると、中国産業界の業況感は急速に悪化している。日本からの輸出は昨年末あたりから顕…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです