メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

クリスティアナ・フィゲレスさん=パリ協定採択に尽力した

2015年のパリ協定採択に尽力したクリスティアナ・フィゲレス氏=東京都港区で2019年2月8日、竹内紀臣撮影

クリスティアナ・フィゲレス(Christiana Figueres)さん(62)

 「温室効果ガス排出の少ない交通システムや緑化など、地域での地球温暖化対策は住民の生活の質を向上させる。日本の対策をけん引するのは自治体だ」

 自治体による積極的な温室効果ガス削減などの取り組みを支援する組織「世界気候エネルギー首長誓約」の副議長を務める。世界で約9000の自治体が参加するが、2015年に発足した日本版組織への参加は大津市など20市町村。「取り組みたいと思っていても、多くの自治体は(対策を促す)国の政治的なシグナルを待っているのではないか」と指摘す…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです