メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

クリスティアナ・フィゲレスさん=パリ協定採択に尽力した

2015年のパリ協定採択に尽力したクリスティアナ・フィゲレス氏=東京都港区で2019年2月8日、竹内紀臣撮影

クリスティアナ・フィゲレス(Christiana Figueres)さん(62)

 「温室効果ガス排出の少ない交通システムや緑化など、地域での地球温暖化対策は住民の生活の質を向上させる。日本の対策をけん引するのは自治体だ」

 自治体による積極的な温室効果ガス削減などの取り組みを支援する組織「世界気候エネルギー首長誓約」の副議長を務める。世界で約9000の自治体が参加するが、2015年に発足した日本版組織への参加は大津市など20市町村。「取り組みたいと思っていても、多くの自治体は(対策を促す)国の政治的なシグナルを待っているのではないか」と指摘す…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです