メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第38回土門拳賞

高橋智史氏 写真集「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」 あふれ出る民衆の声

 毎日新聞社主催の第38回土門拳賞(協賛・ニコン、ニコンイメージングジャパン、東京工芸大学)選考会は、2月21日に東京都千代田区一ツ橋の毎日新聞東京本社で開かれ、高橋智史氏(37)に決定した。受賞対象となったのは写真集「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」(秋田魁新報社)。90人あまりの推薦委員から寄せられた10作品の中から、高橋氏の作品の他、奥山淳志氏の写真集「弁造 Benzo」(私家版)、露口啓二氏の写真集「地名/PlaceNames」(赤々舎)が最終選考に残った。

 高橋氏の作品は、カンボジアの強権政治に屈することなく闘い続ける人々に迫ったドキュメンタリー。監視される日常生活、抗議の現場、デモ行進の最前線で、自身の安全も顧みず、声をあげ、祈り、仲間と助け合う市民の姿を追った。写真は全世界に発信され、知られざるカンボジアの現況と、圧政に負けず闘う人々の姿を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り1961文字(全文2358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです