メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から リスク公表、模索する企業 キリン報告書に反響

 <くらしナビ 環境>

 ビール大手「キリンホールディングス」(HD)が昨年6月に発表した環境報告書が、企業の環境担当者の間で思わぬ反響を呼んだ。同社が原材料として扱う大麦やトウモロコシ、ホップなどについて、地球温暖化が進行した場合に生産量がどう影響を受けるかのリスクを試行的に分析し、その結果を同社として初めて公表したのだ。

 内容は国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が試算した、地球の平均気温上昇に関する複数のシ…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです