メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から リスク公表、模索する企業 キリン報告書に反響

 <くらしナビ 環境>

 ビール大手「キリンホールディングス」(HD)が昨年6月に発表した環境報告書が、企業の環境担当者の間で思わぬ反響を呼んだ。同社が原材料として扱う大麦やトウモロコシ、ホップなどについて、地球温暖化が進行した場合に生産量がどう影響を受けるかのリスクを試行的に分析し、その結果を同社として初めて公表したのだ。

 内容は国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が試算した、地球の平均気温上昇に関する複数のシ…

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1274文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです