メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/5 時代が違っていたら…

むかし自分で描いた絵を、史子さんが見せてくれた=群馬県高崎市で

 「赤ちゃんは誰がみてるんや?」

 「浅田さん、大丈夫か?」

 群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」。開設5年後の1976年から勤務している研修・養成課職員、浅田実千代さんは、知的障害者で認知症の史子さん(89)=仮名=とは長い仲だ。以前の史子さんを「みんなのお姉さん的存在で、寮仲間の面倒をよく見ていた」と懐かしむ。世話好きな一面は、浅田さんに対しても。園内で会うと、育児や体調を気遣う言葉をかけてくれる「私の母親みたいな人だった」。

 クロスステッチ刺しゅう、機織り、塗り絵。かつての史子さんには得意なことが多かった。「お父さんは戦争…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文943文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです