メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/5 時代が違っていたら…

むかし自分で描いた絵を、史子さんが見せてくれた=群馬県高崎市で

 「赤ちゃんは誰がみてるんや?」

 「浅田さん、大丈夫か?」

 群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」。開設5年後の1976年から勤務している研修・養成課職員、浅田実千代さんは、知的障害者で認知症の史子さん(89)=仮名=とは長い仲だ。以前の史子さんを「みんなのお姉さん的存在で、寮仲間の面倒をよく見ていた」と懐かしむ。世話好きな一面は、浅田さんに対しても。園内で会うと、育児や体調を気遣う言葉をかけてくれる「私の母親みたいな人だった」。

 クロスステッチ刺しゅう、機織り、塗り絵。かつての史子さんには得意なことが多かった。「お父さんは戦争行って帰ってこんかった」「お母さんが死んだから、わしはここにいるんや」。生まれ育った近畿地方の言葉で、時には自身の境遇を語った。外出先で買ったおもちゃのネックレスで身を飾り、先に逝った年下の寮仲間を抱きしめて涙する--。そんな人だった。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです