メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19プロ野球

12球団戦力分析/1 阪神 投手陣に厚み増す/西武 若手の飛躍、不可欠

 プロ野球は29日、セ・パ両リーグが同時に開幕する。昨季は、セは広島が3連覇を果たし、パは西武が10年ぶりに優勝を飾った。今季のペナントレースの行方はどうなるか。各球団の戦力を全6回に分けて分析する。【プロ野球取材班】

 ◆阪神

投手陣に厚み増す

 昨季は2桁勝利が11勝のメッセンジャーのみだった先発投手陣だが、西、ガルシアの加入で厚みが増した。西はコースを突く制球力で安定感のある投球が計算できそうだ。才木、浜地の高卒3年目コンビも評価が高い。

 福留、糸井が健在の打線は3年目の大山がオープン戦で4番を任され、期待を集める。米大リーグからマルテ…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文754文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです