メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

オープン戦 中日4-1オリックス 中日・大野雄、7回1失点

 (19日)

 ■春風

 常に厳しい表情を浮かべていた昨季までとは別人のように、中日・大野雄の表情に自信が漂っている。オリックス打線に連打を許さず、7回3安打1失点の好投。開幕ローテーション入りへ一歩前進した。

 三回、先頭の若月に左翼線二塁打を浴び、2死三塁から捕逸で先制を許したが、「2死まで持っていけたので、切り替えられた」と大野雄。失点のショックを引きずらない強さが戻ってきた。

 七回にはメネセス、吉田正の中軸を外角の変化球で空振り三振。昨秋から取り組んできたチェンジアップも「配分を増やせた」と話す。与田監督は「左打者に近づいて落ちていく分、制球も難しいがしっかり投げ分けられている」と期待した。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです