大相撲春場所

貴景勝、鶴竜撃破

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

10日目(19日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬は体勢を崩しながらも関脇・玉鷲を突き落とし、全勝を守った。逸ノ城は大関・高安を土俵にはわせ、松鳳山に快勝した碧山とともに平幕の2人が1敗にとどまった。大関昇進が懸かる関脇・貴景勝は横綱・鶴竜を引き落とし、豪栄道は栃ノ心との大関対決を制し、平幕の琴奨菊と共に2敗を守って勝ち越しを決めた。他に2敗は鶴竜と高安。十両の白鷹山が左足首の骨折で休場した。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1370文字)

あわせて読みたい

注目の特集