メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

貴景勝、鶴竜撃破

10日目(19日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬は体勢を崩しながらも関脇・玉鷲を突き落とし、全勝を守った。逸ノ城は大関・高安を土俵にはわせ、松鳳山に快勝した碧山とともに平幕の2人が1敗にとどまった。大関昇進が懸かる関脇・貴景勝は横綱・鶴竜を引き落とし、豪栄道は栃ノ心との大関対決を制し、平幕の琴奨菊と共に2敗を守って勝ち越しを決めた。他に2敗は鶴竜と高安。十両の白鷹山が左足首の骨折で休場した。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです