メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

貴景勝、鶴竜撃破

10日目(19日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬は体勢を崩しながらも関脇・玉鷲を突き落とし、全勝を守った。逸ノ城は大関・高安を土俵にはわせ、松鳳山に快勝した碧山とともに平幕の2人が1敗にとどまった。大関昇進が懸かる関脇・貴景勝は横綱・鶴竜を引き落とし、豪栄道は栃ノ心との大関対決を制し、平幕の琴奨菊と共に2敗を守って勝ち越しを決めた。他に2敗は鶴竜と高安。十両の白鷹山が左足首の骨折で休場した。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです