メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件

釈放5年 街歩きが「仕事」 拘禁症か、黙々と数時間

 1966年に静岡市で起きた「袴田事件」で、死刑が確定した袴田巌元被告(83)=最高裁で特別抗告審中=が静岡地裁の再審開始決定で釈放されてから、27日で5年となる。東京高裁による昨年6月の地裁決定取り消しで再審開始への道のりが険しくなる中、袴田さんは姉の秀子さん(86)と地元の浜松市で暮らす。袴田さんは街を歩くことを日課としており、その姿は今や日常風景だ。

 「ご飯食べる?」。3月上旬のある夜、秀子さんが帰宅した袴田さんの顔をのぞきこんだ。誕生日が2月と3…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです