メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

新大阪、潜在力で急上昇 オフィス需要注目 新線計画、交通の便魅力

公示地価で上昇率が大きかった新大阪駅周辺=大阪市淀川区で、本社ヘリから小松雄介撮影

 19日発表の公示地価では、大阪の玄関口・新大阪駅に近い地点(大阪市淀川区宮原3)が前年より38・2%上昇。商業地の上昇率で全国第10位に入った。訪日外国人の増加などで活況を呈する大阪や京都の中心部が上位に並ぶ中で、中心部から少し離れても交通の要衝として再開発が予定される新大阪に地価上昇が波及してきた。

 この地点は駅から北西に徒歩数分、周辺にはオフィスビルやマンションが建ち並ぶ。ここの地価が上昇してい…

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです