メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviゲーム&ホビー

パラレルキャリアにYouTuber!? 新時代のキャリア教育ゲーム「職業診断ゲーム わくわくワーク」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

日本最大級の総合マネースクール ファイナンシャルアカデミーとおもちゃクリエーター高橋晋平氏が共同開発した新時代のキャリア教育ゲーム「職業診断ゲーム わくわくワーク」。昨年11月末の発売当初はamazonでの販売のみでしたが、高まるキャリア教育需要に応え、発売後3か月で多数の実店舗での販売が決定しました。

 

楽しみながら気づきをもたらすキャリア教育ゲーム

「職業診断ゲーム わくわくワーク」は、楽しみながら未来の職業選択について気づきをもたらすキャリア教育ゲーム。簡単なルールは以下のとおりです。

●いわばカードゲーム版 “人生ゲーム”

●最終的に幸せポイント「ハピ」を多くためた人が勝ち!

●まずは、お金を使って「体験カード」を集めます

●その「体験」で集めたポイントにより「職業」につけます

●「体験」や「職業につく」ことで「ハピ」がたまります

●途中で「あそび」やお金を落とすなど「ハプニング」も!

●主な対象は小学生ですが、職業と向き合う全ての人にオススメ!

 

職業診断ゲーム わくわくワークでは、多種多様な「体験カード」を通して、職業選択の上で重要となる「人生経験」を重ねられます。ゲームでは複数の職業につけることから、パラレルキャリアという選択肢を知ることができるという側面もあります。また、複数の「体験カード」から自分がやってみたいことを選択することで「好きなこと」の傾向に気づけます。

 

「職業カード」は会社員から人気のパティシエ、旬の動画配信クリエーター(YouTuber)まで幅広く、様々な職業の存在を意識させることができます。そして、単なる勝敗で終わらず、「どんなことが好きか」「なぜその職業を選んだか」といったさらなるコミュニケーションをはかることで、自分自身の選択軸に気づくこともできます。

副業解禁を含む働き方改革や、AIなどのテクノロジーの進化により、これまで以上に「仕事」を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。そんな未来が読みにくい状況では、従来通りのキャリア教育だけでは対処できないかもしれません。今回紹介した職業診断ゲーム わくわくワークは、子どもたちがしっかりと自分で気づき、考える、そうしたきっかけになるかもしれませんね。

 

<製品概要>

●商品名:職業診断ゲーム わくわくワーク

●企画開発:高橋晋平・日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

●発売日:2018年11月24日

●価格:2500円(税別)

●対象年齢:7歳以上

●対象人数:1人〜5人

●プレイ時間:10分〜30分

●販売場所:amazon、各種店舗(以下)

・東急ハンズ新宿店
・TSUTAYA BOOKSTORE 神谷町駅前店
・SHIBUYA TSUTAYA
・博品館TOY PARK銀座本店
・ヤマシロヤ ホビーベース
・イエローサブマリン(一部店舗)
・LOFT(一部店舗)
・ヨドバシカメラ(一部店舗)など

※販売店舗の状況は変更になることがあります
※在庫切れの場合は、amazonから購入が可能です。

 

<無料体験イベントも実施>

店舗販売開始を記念して「職業診断ゲーム わくわくワーク」を体験できる無料イベントを開催。当日は本ゲームの共同開発者であるおもちゃクリエーター高橋晋平氏も参加します。

●日時:2019年3月21日(木・祝)13:30〜15:30(時間内で自由入退場可)

●場所:TSUTAYA BOOKSTORE 神谷町駅前店

●住所:東京都港区虎ノ門5丁目2-5 神谷町MTコート2F

【関連記事】
「子ども用タブレット」のオススメは? プレゼントにも贈れる3商品
我が子の寝かしつけに苦労している親御さんに捧げる「寝かしつけおもちゃ」5選
任天堂さん、バーチャルボーイぶりですね。Nintendo Switchで立体映像(VR)を楽しめる「Nintendo Labo: VR Kit」
ハローキティ誕生45周年。意外と知らなかったキティちゃんの歴史と秘密!
漕がずに進める!? 次世代スケボー「Kintone EZ Skateboard」試乗レビュー

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです