メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文房具

菅未里の自腹買い文房具!海外高級ボールペンにジェットストリーム芯を換装する!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

GetNaviの「文房具総選挙」選考委員としてもおなじみ、いまテレビや雑誌などでも引っ張りだこの文具ソムリエール・菅未里さんの連載が、GetNavi webでスタートします。

 

巷にあふれる文房具のなかから、菅さんの視点で選び、自腹を切ってまで手に入れた文房具を紹介していただきます。果たして、菅さんのお眼鏡に適ったのはどういったものなのでしょうか?

 

「ノック式で素早く使えて、見栄えのするボールペン」で辿り着いた最強セット

第一回は、「スーベレーン・ボールペン」(ペリカン)と「ジェットストリーム」(三菱鉛筆)の替芯のセットです。

 

展示会や取材など、仕事柄立った状態で筆記することが多いため、ノック式で素早く使えて、見栄えのするボールペンを探していました。

 

ドイツの有名筆記具メーカーであるペリカンの、代表作ともいえるスーベレーンは、万年筆がよく知られていますが、以前からノック式の美しいボールペンにも注目していました。

↑ペリカン「スーベレーン」のボールペン
↑ペリカン「スーベレーン」のボールペン

 

↑通称“茶縞”と呼ばれる、スーベレーンのアイコニックなデザイン
↑通称“茶縞”と呼ばれる、スーベレーンのアイコニックなデザイン

 

しかし、なかなか購入できずにいたのです。なぜなら、書き味が私の好みよりやや重たい印象だからです。

 

格好いいボールペンを使いたいけれど、書き味にもこだわりたい。どうしたらいいものかと悩んでいたところ、2018年2月になんと、三菱鉛筆からジェットストリームシリーズの替芯「SXR-600」が発売されました。

 

ジェットストリームといえば2009年に発売され、今では世界で年間1億本以上販売されているボールペンです。油性ボールペンながら、他にはない滑らかな書き味でファンを虜にしています。

 

“ヨーロッパタイプ”や“G2規格”と呼ばれるこの形状の替芯は、多少のサイズの違いはあるものの、ペリカンを始め、パーカーやシェーファーなど一部海外筆記具メーカーの替芯と互換性があるんです。(上記メーカーの中にも互換性のない形状があります)

↑上のジェットストリームの芯・インクのほうが、黒が濃く、よりなめらかな書き心地
↑上のジェットストリームの芯・インクのほうが、黒が濃く、よりなめらかな書き心地

 

このスーベレーンのボールペンには、もともとM(中字)の替芯が入っていましたが、私は細めの線が好きなので、ジェットストリームの0.5mm径の芯に入れ替えました。筆記線だけでなく、芯先の形状が異なるため、ペン先が出ている状態の見た目も違います。ペリカンの純正芯はやや丸みがあり、ジェットストリームの芯は純正芯よりも直線的ですっきりとしています。

↑上がジェットストリームの芯、下がペリカンの芯
↑上がジェットストリームの芯、下がペリカンの芯

 

↑実際にペン本体にセットすると、こんな見た目。上がジェットストリームの芯、下は純正品をセットしたもの
↑実際にペン本体にセットすると、こんな見た目。上がジェットストリームの芯、下は純正品をセットしたもの

 

書き味だけを替えるつもりで購入しましたが、このすっきりとした印象も気に入り、見た目も書き味も自分好みにできました。

 

海外筆記具の書き味を変えたい……と悩んでいる方は、ぜひ他メーカーの替芯も試してみてください。(※ただし、故障の際はメーカー保証対象外になりますのでご注意を!)

 

【関連記事】
春にぴったりの万年筆を「銀座伊東屋 横浜元町」で選んでみた
おしゃれが際立つ! ワンランク上の大人になれる「台湾のブックマーカー」
世界最薄5.7mmの「2色ペン」が「書く」と「考える」を再定義する

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです