中部横断道、開通「20年内」に延期 静岡-山梨の工事難航で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中部横断自動車道と新東名高速道路をつなぐ新清水ジャンクション=静岡市で2019年2月26日午後1時3分、滝川大貴撮影
中部横断自動車道と新東名高速道路をつなぐ新清水ジャンクション=静岡市で2019年2月26日午後1時3分、滝川大貴撮影

 国土交通省甲府河川国道事務所と中日本高速道路は19日、中部横断自動車道の静岡と山梨を結ぶ区間の開通が、当初予定していた「2019年度中」から「20年内」にずれ込む見通しを示した。南部インターチェンジ(IC、山梨県南部町)―下部温泉早川IC(同県身延町)間の工事が難航していることが原因という。

 同事務所によると、南部IC―下部温泉早川IC間では10カ所でトンネルを施工予定。工事を始めたとこ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

ニュース特集