メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・甘利氏「経済テコに囲い込み、巧妙」 対応へ日本版NEC提言

インタビューに応じる自民党「ルール形成戦略議員連盟」の甘利明会長=東京都千代田区で2019年3月19日、渡部直樹撮影

 自民党は、経済・外交・安全保障の戦略を一体で練る「国家経済会議(日本版NEC)」の創設を政府に提言する。同党「ルール形成戦略議員連盟」の甘利明会長とのインタビューの主なやりとりは次の通り。

 ――米中の覇権争いが激化しています。

 ◆中国は反政府運動の芽を摘みたい国々に社会監視システムをどんどん輸出している。システムの根幹は中国が握っており、結果的にそうした国は中国に生殺与奪を握られてしまう。中国はいわば「21世紀型の衛星国家」を作ろうとしている。米国もそれに反対する勢力を組み込もうとして、デジタル覇権の競争が始まっている。

 ――経済政策と安全保障政策はどう絡んでいますか。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです