メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀県職員が“いちごさんの苗”流出 県「ブランド確立に支障」と懸念

県庁で開いた記者会見の冒頭、頭を下げ陳謝する中尾政幸・農林水産副部長(右)ら=佐賀県庁で2019年3月19 日、池田美欧撮影

 佐賀県は19日、県産イチゴ「いちごさん」の苗を、再任用された県職員の60代男性が無断で、生産を認められていない農家に譲渡したと発表した。流出した苗を基につくられた5株は直売所で販売され、行方が分からなくなっている。20年ぶりの新品種のPRに努めていた県は記者会見で「苗がブローカーや県外、海外に出ていくと、ブランド確立に支障が生じる」と懸念した。【池田美欧】

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです