メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「色あせぬ百名山」深田久弥の最期を語る元救助隊員 背負った痕1年半消えず

当時の写真を見ながら救助の様子を話す望月一博さん=山梨県韮崎市で2019年2月27日午後2時15分、松本信太郎撮影

 「日本百名山」で知られる作家の深田久弥(1903~71年)が山梨県の茅ケ岳(1704メートル)で登山中に急逝してから21日で48年。救助活動に携わった同県韮崎市の山小屋管理人、望月一博さん(71)は深田を慕う登山家らに当時の様子を伝えている。5時間半かけてふもとまで搬送した救助活動を振り返り、「元気な時にお会いしたかった」と話す。

 深田は71年3月21日朝、同行者らと茅ケ岳を登り始めた。異変が起きたのは午前11時半ごろ。頂上目前…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです