メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

パイロット訓練生として全日空と日本航空に入社する兄の安達航大さん(左)と弟雄大さん=熊本県菊陽町で2019年3月19日午後1時25分、城島勇人撮影

 全国でも珍しい航空機のパイロット養成コースがある熊本市西区の崇城大で学んだ安達航大(こうだい)さん(22)と雄大(ゆうだい)さん(22)の二卵性双生児の兄弟が、パイロット訓練生としてそれぞれ全日空と日本航空に入社することが決まった。2年生の時に起きた熊本地震で大学が被災しプレハブ校舎などでの受講を余儀なくされてきたが、大空への夢を兄弟で果たした。

 茨城県つくばみらい市出身の2人は幼い頃から父勉さん(52)に連れられ、羽田空港近くの公園で飛び交う…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです