「いじめ、生徒と教師一体」取手・中3自殺で県調査委が報告書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを残して自殺した問題で、県設置の調査委員会は20日、同級生によるいじめと自殺の因果関係を認める報告書を公表した。担任教諭は指導を怠り、生徒と一体となって菜保子さんを追い詰めたと認定。当初調査に当たった市教委の対応も「違法で、不当極まりない」と指摘した。

 菜保子さんは15年11月10日、自宅で自殺を図り、翌日死亡した。その後、両親が「いじめられたくない」「(独り)ぼっちはいや」といったいじめをうかがわせる日記を発見。学校側に菜保子さんが自殺した事実を生徒に伝えて真相を究明するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文824文字)

あわせて読みたい

注目の特集