メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「いじめ、生徒と教師一体」取手・中3自殺で県調査委が報告書

 茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを残して自殺した問題で、県設置の調査委員会は20日、同級生によるいじめと自殺の因果関係を認める報告書を公表した。担任教諭は指導を怠り、生徒と一体となって菜保子さんを追い詰めたと認定。当初調査に当たった市教委の対応も「違法で、不当極まりない」と指摘した。

 菜保子さんは15年11月10日、自宅で自殺を図り、翌日死亡した。その後、両親が「いじめられたくない」「(独り)ぼっちはいや」といったいじめをうかがわせる日記を発見。学校側に菜保子さんが自殺した事実を生徒に伝えて真相を究明するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです