「いじめ、生徒と教師一体」取手・中3自殺で県調査委が報告書

  • はてなブックマーク

 茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを残して自殺した問題で、県設置の調査委員会は20日、同級生によるいじめと自殺の因果関係を認める報告書を公表した。担任教諭は指導を怠り、生徒と一体となって菜保子さんを追い詰めたと認定。当初調査に当たっ…

あわせて読みたい