メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

前例なき解決の道 判決前に救済法施行も 強制不妊・仙台訴訟

仙台地裁に向かう原告弁護団ら。被害者を含む50人以上が行進した=仙台市青葉区で2019年3月20日午後3時2分、滝沢一誠撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で不妊手術を強いられた宮城県の女性2人による国家賠償請求訴訟が20日、仙台地裁で結審し、5月28日に憲法判断に踏み込む初めての判決が言い渡される。ただ、救済法案が4月にも国会で可決・成立すれば、原告勝訴の判決後に国が補償制度を作ったハンセン病患者らによる国賠訴訟とは逆の「前例なき展開」となる。国側は救済法を超えた判決には応じない可能性もあり、全国で相次ぐ国賠訴訟の早期解決は不透明さを増す。【遠藤大志】

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです