メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀平、鬼門のSP 「感覚にずれあった」3回転半が1回転半に

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕した。女子ショートプログラム(SP)が行われ、初出場の紀平梨花(関大KFSC)は70.90点で7位となった。

 紀平が鬼門でまたつまずいた。今季8戦中、優勝した昨年12月のGPファイナルでしか納得のいく演技をできていないSP。自覚していた課題克服ができず、7位と出遅れた。

 完璧を求めてSPのジャンプを何度も確認してきた。だが、前日から一変し、昼の公式練習から表情が硬かっ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです